人気ブログランキング |

今気になっているカメラはSONYのα6600とα7RⅣ、CanonのEOS 90D、おがわです。

昨今さまざまな性質のカメラがたくさん発売されていますね。
時代はフルサイズミラーレス一眼な事は周知の事実ですが、フルサイズだと結局レンズが大きく重くなってしまい機動性に欠けるという事と、ミラーレスはどうしてもEVFが馴染まないという事で個人的に絞り出しているのがAPS-Cのレフ機EOS90D。ミラーレスとレフ機のいいとこ取りをしたような機種で、瞳AFとボディ内手ぶれ補正付き。素晴らしい。


d0148297_15501227.jpg

出典:SONY


しかし。
フルサイズミラーレスは非常に綺麗な動画撮影が可能で、昨今様々な撮影を試している当事務所としては外せなくなってきています。センサーサイズが大きければその分画角も広くなるので室内撮影などには適していますし、そう考えるとフルサイズミラーレス一眼でFHD120P撮影と驚異の約6250万画素静止画撮影可能なα7RⅣ。こんなカメラ扱ってみたい。
欲を言うならば4K60Pが可能な機種、例えばGH5Sなども気になる訳ですが、ボディ内5軸手ぶれ補正があるαシリーズと悩む所です。

機動性・金額・web程度の動画撮影クオリティなどもろもろ考えて、主流になりつつあるミラーレス一眼で動画にも強いSONY α6600+ジンバルという現実的構成か、などなど、妄想はとどまるところをしりませんね。



++++++++++++++++++++
当事務所では土地購入から全体予算計画など
建築における全体アドバイスを行っています
どうぞお気軽にお問合わせください
++++++++++++++++++++


建築・デザイン
小川建築設計事務所

d0148297_22381294.jpg

# by ogawa_aeo | 2019-09-23 08:47 | 設計事務所な日々 | Trackback | Comments(0)