Kの憂鬱   ~ 小川建築設計事務所のスットコドッコイな日々 ~

院内建築探訪 その3

やっとの思いで滝坪から這い上がり、汗だくで移動に移る建築バカ御一行。

院内は日本一石橋が多い町として有名で、当然石橋見学をと思っていたが、
さっきの疲労と、スケール感に貧しい観光地図のおかげで現時位置を誤り
ここはどこだと確認している最中、何故か奇跡的に目当ての石橋に到着。


御沓橋
d0148297_15304734.jpg









完成は大正14年、という事は84年も経っているのですね。
橋脚のシャープさ、欄干の低さ、そしてアーチの大きさからくる危うさ。
石の重量感とは相反するシャープな繊細さにドキドキします。
何事も感動の根源は、何かしらの期待を裏切るギャップなのか?


紅葉の季節はまた絶景らしいので、秋晴れを狙ってまた来ようかな。
[PR]
by ogawa_aeo | 2009-09-08 15:41 | Trackback | Comments(0)
トラックバックURL : https://ogawablog.exblog.jp/tb/10199128
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。